一般貨物運送の内容と安全性

一般貨物運送の内容と安全性

一般貨物運送の内容と安全性 運送業においては、急遽トラックが必要になってしまうこと、いつも頼んでいるところではトラックが足りないこと、新規開拓をしたい場合などがあります。そのようなトラック不足の状況に対応するのが一般貨物運送です。
一般貨物運送では、例えば1~10tのトラックの配車が可能です。事業所によって違いはありますが、相談時に確認してみましょう。突然の配車であっても、確かな運転をすることは必須であり、すべてのドライバーが心がけるべきことです。
「安全性優良事業所」認定のシンボルマークにGマークがあります。これは信頼できる運転の取り組みと実践率の高い評価を得た事業所だけがもらえる安全性の証です。GはGood(良い)が由来であり、Glory(繁栄)の頭文字も取っています。
興味深いのは、Gマーク認定された事業所の事故割合は確かに下がり、取得していない事業所に比べると半分以下ということです。具体的に取り組んでいることは、デジタルタコグラフやドライブレコーダー、アルコール検知センサーなどの導入が挙げられ、活用の効果があらわれています。

一般貨物運送で効率良く配車をするためのシステム

一般貨物運送で効率良く配車をするためのシステム 日本では1980年代頃から、貨物列車に代わって一般貨物運送で自動車が活用されるようになりました。これは全国で高層道路が整備され、短時間で配送が可能となった環境が整ったからです。
一般貨物運送では特に小型の輸送が適しており、昨今だと個人のネット通販商品の配送に活用される傾向です。各事業所では配車を効率よく実施をしていますが、その時に活用されているシステムはデジタルタコグラフというものになります。
ここで簡単にそのシステムを見ていきましょう。配車は営業所から中央センター・中継ポイントでなされており、どれだけの依頼があるのかで数が変わります。デジタルタコグラフは常に中央センターとデータ送信をしており、すぐに一般貨物運送が可能な車体も把握できるわけです。
目的地となる場所と、集配所が近い車にピンポイントで指示を出せるため、このシステムを搭載することで素早くて効率のいい一般貨物運送を実現できるようになりました。