一般貨物運送システム導入に関する情報サイト

勤怠管理も可能

勤怠管理も可能 従業員の勤怠管理に困っている、通常の日勤の他に夜勤や変則シフトも多くて管理が困難、そんな悩みを抱える人も多いかもしれません。決められた場所で社員が業務を行う業種とは異なり、運送業は配送担当者が車両に乗って移動します。配送先の都合に合わせて深夜や早朝などに業務を行う例も多いため、管理はことさら難しいものです。また、一般的な社員だけではなく独自の契約も多い運送業には、実態に即したシステムの導入が有用でしょう。
一般貨物運送のシフト管理にはシステムの導入がおすすめです。従業員自身でも就業時間の把握が難しい一般貨物運送の業務実態をシステムが把握、管理してくれます。これまで一般的に採用されてきたタイムカードの打刻は従業員が手打ちする必要があり、さらに担当者が就業時間を手計算しなければいけません。一般貨物運送システムの導入により就業時間の打刻の手間が省け、記録した時間は自動計算されるなど、担当者の手間も省略できます。

一般貨物運送システム導入はカスタマイズも臨機応変

一般貨物運送システム導入はカスタマイズも臨機応変 コロナ感染拡大を受けて、多くの人々が自粛生活を余儀なくされています。そこでステイホームで殆ど外出せず、日常品までネット通販で購入する人が多くなっています。そのため一般貨物運送の需要も高まり、多忙を極めるようになっているのです。ドライバーの走行距離、配送物の膨大な量とノルマも尋常ではなく、危険走行なども危惧されています。事務方においても伝票処理や納品書の整理、請求書や支払い業務など多忙を極めています。業務の効率化を図るために、一般貨物運送の一元化システムの導入を検討するとよいでしょう。クラウドで配送手配、運行状況、荷物の量などの把握を一元化してスタッフ全員で見える化するとよいのです。さらにスタッフの勤怠を同じクラウド上で行うことで、ドライバーの勤怠状況も把握でき安全管理や指導もしやすくなります。一般貨物運送のシステムではカスタマイズも自由自在にできます。データに基づき分析や兵主作成が出来るようにし、会議資料などに転用できるようにカスタマイズもできます。そのことで事務処理スピードもアップし、業務の効率化も図れます。